BBQ後の「鉄板」汚れ!!楽に綺麗にしたい?スマートに保管したい?

こんばんは地味人間です。

今回はBBQ後の「鉄板」汚れの洗浄方法です。
BBQが終わった後の鉄板の洗浄って一番大変な作業ですよね。



基本的に一人作業なので、みんなのおしゃべりの輪から離れて寂しくする作業です(笑)。こんな時に一緒に手伝ってくれる天使の様な人がいたらキュン死できるんですが。それは奇跡に近いですね。

皆さんは鉄板の洗浄どういう手順でやってますか?
今回は洗浄方法を頭に入れて作業する事で、少しでも楽しく洗浄できる様にしたいと思います。

一般的には亀の子たわしを使ったり、スチールたわしを使ったりでしょうか?それでもなかなか大変ですよね。でもある物を用意しておけば、手間をあまりかけずにかなり綺麗になるのでご紹介します。

というのも自分がやらなくてもある程度は勝手に綺麗にしてもらえるからです。

結論から言うと、まずBBQには「金属製のフライ返し」を持って行って下さい。←これ一番重要!!四角い鉄板には角があるので、「フライ返し」も角ばった物ももっていくと良いでしょう。逆に丸い鉄板であれば角ばってないアールのついた「フライ返し」を持っていくと良いと思います。これがあるとないとで後々に大きな差が生まれます。

BBQが終わったら、その「フライ返し」を使って隅々まで焦げや油汚れを一か所に纏めます。最後はキッチンペーパー等でその集合した汚れをふき取ります。(ここまでが一番重要!)

この作業、金属製のフライ返しさえ持っていけば、料理してる人が勝手にやってくれる場合があります。また最後にお願いするだけでもいいでしょう。

これだけで一番大事な第一段階の手間は省けます。

後は、金属ブラシでガシガシ水洗浄して、仕上げにたわし等で水洗浄します。どうしても落ちない汚れはお湯に少し浸しておくと取りやすくなりますよ。さらに綺麗にしたい場合は中性洗剤を使用して洗浄しましょう。

その後、よく洗い流したら、水分を新聞紙やいらない布でふき取り、薄く油を塗布してください。これをすることで錆の発生を抑え、次に使うときもより焦げ付きにくい鉄板になります。

最後に新聞紙にくるんで湿気の少ない場所で保管して下さい。

ですが!この新聞紙に四角い鉄板をくるむ作業ですが、地味にうまくいかないと思います。なんせ鉄板は固くて角ばってるのに新聞紙は超柔らかいから、破れてイライラする可能性があります。

これに関しては、あらかじめ段ボールで、鉄板を入れる入れ物を作っておいた方がいいです。その中に洗浄後薄油を塗布した鉄板を入れてから隙間に新聞紙を入れ込んでくんです。こうすれば新聞紙が破れてイライラしないはずですよ。ぜひお試し下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする