ハンモック泊で絶対に必要なもの

先日、山奥にハンモック泊に行きました。初のハンモック泊という事で、山奥という事でスリルを感じながら行きました。
夕方なのに、まるで夜中みたいでした。

そして、そこで得たハンモック泊に必要なもの。

■小さめのランタン
ハンモックの中は狭いのであまり大きな物は邪魔になります。ランタンは小さくてもハンモックの中程度なら十分明るさは取れます。

■スリーピングマット
当たり前ですが直に寝ると背中は1枚の生地を通して外界の冷えを受けてしまいます。スリーピングマットを敷いて外界冷気と背中との遮断を行いましょう。

■テントシューズ
体の中でも唯一足先君だけは靴下1枚という過酷な状況に置かれてしまいます。足が冷たいと寝るのが大変になりますのでテントシューズを使用して足先の保温を確保しましょう。

■懐中電灯
外に出る時にランタンでは見たい方向を瞬時に確認することができません。必ず懐中電灯を持ち込みましょう。

■寝袋
これは当然必要です。

■携帯電話
夜中に目が覚めてしまうと身動きが取れない状態でもあり、する事に困ってしまいます。せめて携帯電話で暇つぶしや情報確認しましょう。

■ナイフ等護身用の武器
万が一熊や危険動物が襲ってきた時に丸腰では何も対処できません。ハンモックから脱出するためにも、ナイフ等持ち込みましょう。

以上が私が第一回目のハンモック泊を断行して感じたハンモック泊に必要な道具です。

人によってはこれ以外にも本が必要等のこだわりもあるかもしれませんね。

是非、私の感じた必要な物も参考にしてハンモック泊を楽しんで下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする