夜の山奥にソロキャンプ?!

こんにちは!昨晩11月15日のお話。

夜の18:00頃、行って無理そうなら帰ろうという趣旨の元、藤枝の山奥まで1人で原付で行くことにしました。

街灯が全くない山道を原付きで進む事ってきっと怖いだろうなーと、でもスリルも感じられるかなと思っていましたが、やはり少し怖かったー。でもなんとか着きました。

そして最初足を踏み入れる時も少し怖かったです。なんせ、山奥は19:00でも夜中みたいに真っ暗。前に踏み入れたことのある場所だから勘で目的の場所まで歩いていくことが出来ました。

人は基本的に誰も来ないところですが、万が一誰か来て、何やってるんだ!とか言われるのが怖いくらいの事で、あとは真っ暗でも、慣れてすぐに何にも怖くなくなりました。

で、取り敢えず焚き火しようと着火しやすい杉の葉を集めて、マグネシウム棒で火花をバチバチ!!ん?火がつかない、つく気配がない。何度やってもダメ。しょーがないライター使うか。ライターにて、、、。ん?つかない?!いくらライターの炎で燃やそうとしてもつかない!

そうです、湿っててなんにも火がつかない!オーマイガッ!。どーしよー。

あきらめてハンモック設営です。真っ暗でできるかなー。懐中電灯使って設営!でも置いといても横からの光だと物が見えにくい!で、結局口にくわえて設営しました。ヘッドライト必要だなぁー。

そしてなんとか完成させて、入り込みました。 中で小さな電池式のランタン大活躍です。少し寒い。スリーピングマット持ってこれなかったのと足元靴下1枚は冷える。

うーん、暇だ、夜勤明けで昼間寝てるしなー。寝れない。てか今何時??

ぎょぇーー!!まだ19:30!!

だめだ暇すぎるし時間もったいないからもっかい外に出て着火実験!!火がつきそうな枯葉ねぇーかなー。いくつか探してきて、バキバキ手で折って、はい着火ってやっぱつかんわぃ!!

ガス缶持ってくればよかったぁぁぁっ(><)。

設営しちゃってるしなー。暗いしなー。たたむの面倒臭いなー。うーん、まだ19:30だしなー、、、、。

だめだ時間もったいない帰ろう。

で、撤去。

少しづつバイクに荷物を運ぶ、、、。途中歩いてる時に気付いた事が。ん?川から離れた方にある杉の葉は結構乾いてる。実際に川付近のと比べてみると明らかに違う。あああーーー!もう撤収しちゃったよー。まぁもういいや、今晩は帰ろう。

今日勉強になった事
■木に着火できない時の為にハンディーのコンロ必要。

■やっぱりスリーピングマット必要。寝袋も。

■足だけ冷えるので足先保温用のグッズも必要。ヘッドライト夜はあった方が良い。

ですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする