ズーマーのテールランプの常時灯が消えたので電球を交換。

こんばんは!地味人間です。

実は2日前の仕事の帰り、大雨でした。で、その途上、先頭で信号待ちしていると、後ろについたタクシーの運転手さんが「テールランプ消えてるよ!」と教えてくれました。

バイクに乗ってるときに知らない人から話しかけられる事は基本ないので、めちゃくちゃビックリしました。でも、教えてくれなかったらずっと気づかないままでした。「本当ですか?!!ありがとうございます!」といって次の信号で止まった時に確認してみると・・・・。

ウインカーを出したり、ブレーキをかければ点灯するのですが、運転中はどうやら消えてる様子。テールランプあんな小さい中に2系統あるのかな?

とりあえず、翌日は休みなのでバイク屋に行こうか考えていました。しかし、ちょうど昨日家の片付けをしている時に未使用のテールランプが出てきたのを思い出し、ネットで調べてみるとバッチリ使えそうでした。「ラッキー!!」自分で買った記憶すらないものなので、捨ててしまおうかとすら考えていたので、かなりラッキーです。

ただ、原因はよくわからないので、電球変えたからといって治らないかもしれません。しかも本当にこの電球つかえるのか?本当に本物を見ないとわかりません。

とりあえず、翌朝「+ドライバー」と「新しいテールランプ」を持ちズーマーの後ろに回りました。赤いカバーを外してみると、電球ばっちり同じでした。

とりあえず、かなりテンション上がりました。そして問題は電球の導線が切れているのかどうかです。切れていなかったら配線を疑わなければなりません。

押して回せば電球は外せます。

よーく見てみると、、、切れてないぞ?ん?あれ? 二本あって一本はつながってるけど、もう一本はよく見ると切れてるっぽいぞ?!

という事はこれは「ブレーキを握ると点く線」と「常時ついてる線」の二本なのでは?そして切れてる方が「常時ついてる線」なのでは?という事で、まぁとりあえず電球変えてみました。

すると、「おほ!点いたじゃん!!」

やっぱり電球が切れてただけだったみたいね。

とりあえず、よかったです。ついでにサイドミラーもぐらぐらしてたからテープでがっちり固定しました。

さらにバイクボックス実は昨日の雨でボックス内に水が溜まっていました。これははいらない工夫をしなくては!!

という事でよく見てみると、ボックスを占めた所の片側が浮いてて大きな隙間になっています。隙間が広すぎてこれを埋める事は結構難しそう。

という事で思いついたのがゴムカバーで覆ってしまおうって事です。

ただ、開閉する箇所なので、両面テープで固定する場所はよく考えないと、開けられなくなったりしてしまいます。

とりあえず、最初は確実に動かなそうな箇所にはテープで固定。その後行けそうな所を徐々に貼っていく作戦です。結局根本側と先端を固定。両サイドはかなり動きがあって固定できませんでした。

その為、走っている時に両サイドの実固定ゴムシートの部分がバタつく可能性があります。

というわけで何かで薄いゴムシートが入るスペースを作り、走行中はその中でゴムシートが収まっている為、バタつきがないという状態にしたいと考えました。色々家にあるいらない物探してみると、壊れたバインダーの挟む部分の金具が2つあります。これを使おう!

という事で、このままでは少し広すぎてゴムシートの先端を走行中に保持できないので、ペンチで薄く仕上げ、その後、ボックス両端に貼り付けて、ゴムシートの両端を収めてバタつきを防止する事としました。

一応収まりました。試走しましたが、ばっちりです。ただしなんとなくまだ不安なので、もう少しゴムシートを開けてから閉めるまでの動きのガイドとなる板を貼り付けて確実に先端がこの金具内に収まる様にしたい。

現状それに活用できる物が家にはなかったんで、今回はそこまではやりませんが、とりあえず、日に日にズーマーちゃんが進化していくのはとても楽しいものです。普通の原付ではここまで色々楽しむ事ができませんが、ズーマーだからこそカスタムを楽しめるのでしょうね。

今のところズーマーの無い生活は考えられません。

ただ、いつか今自分がソロでいっているデイキャンプの場所に家族でバイクで出かけていくとしたら、このズーマーちゃんは嫁さんが使うかもなぁとそれも楽しみです。なんせ、このズーマーちゃん乗ってるだけでかなりテンション上がる仕様になってきている気がするので。

それまでカスタムを少しづつ続けよう。まだまだやりたい事があります。
ここではまだ言えませんが、楽しみです。カスタムしたらまた報告します。

それではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする