ズーマーちゃんに箱をつけよう!

こんばんは地味人間です。

今回は私の愛車ズーマーの改造関連です。

ついに割とちゃんとした箱をわが愛車のズーマーちゃんに取り付けましたよ。
今までは百円ショップのカゴを改造して付けてたので、中身は見えるし、隙間から落ちるしで、結局キャンプで焚火台とミニ机を運ぶ以外に活用してませんでした。

しかし今回メルカリで1500円で購入したバイクボックス!!こちらをつけました。まぁ1500円だけあって、それなりですけどまぁ自分的には問題ございません!!

つけるにあたってまず、ズーマーは後ろの荷台が超小さいので、荷台の広さを広げる為に木製の板を荷台に取り付けてスペースを広げます。まずはゴムで固定しましたが、これだけでは横にグラグラ動いてしまうので、やっぱり金具で固定しました。

すると!!

ガッチリ止まりました!!金具の力は偉大なり!。

そしてそのがっちり止まった木の板の上にバイクボックスを固定します。ボルトとネジを活用してがっちり固定です。これでしっかりと止まりました。

はい、それでは一度試走~。ところが動き出しから、ポコポコポコポコ音がなって、ものすごいストレス。なにが鳴っていたかというと、シートが背もたれ付きになっている為、その背もたれの枠になっている金属パイプ部分に箱が当たっているんですね。荷台が多少揺れに合わせて動くためまぁやはりなといった感想です。しかも箱は中が空洞で薄い板なので、もうドラム状態です。

ムッキー!!!!

こ、これはなんとか緩衝材を箱と背もたれの枠の衝突部分に挟み込むしか道はなさそう。うん。

という事で、金属板にゴムを張り付けて、その金属板を両面テープで箱の方にくっつけました。よし!これでOKだろ!!そいじゃ試走!!ブンブン!!ブイーーン!!
ポコポコポコ!!!

って鳴ってるし!!!こらーーー!!ムッキー!!

なんかないか?なんかないか!?ふと目を下にやると、ネットショッピングで届いた時に箱の中に緩衝材として使われていた発砲ポリエチレンを発見!!厚み2cm程!!

こ、これは使えるんじゃないか!!?

という事でハサミでチョキチョキとちょうどいい大きさに切り出し、金属板に黒いテープで張り付けた物を先ほどのゴムの上になんとか滑り込ませます。滑り込ませやすい様に角を全て斜めに削り出したので、入れやすかったかもしれません。これで完全にいけただろ!!!?

試走~~!!

ブンブーン!!!

うん。箱の衝突音なし!!

といった試走の繰り返しでなんとか納得のいく感じに仕上がりました。
あとは長距離走ってるうちに壊れないかどうか。これは通勤に使いながら確認していきます。

とりあえず、カッパも余裕で入るし、荷物も今までとはレベルが違う感じで簡単に持ち運べて鍵付きだからいれっぱでも安心だし(まぁそもそもカッパくらいしか入ってないが)もう最高です。

実際に箱つけてるズーマーを僕は見た事がないですが、ズーマー乗ってるみなさんに是非とも箱つけはお勧めしたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする